Map

広島県広島市安佐南区大町西1丁目12-11

082-846-6966

9:00 〜 17:00 休院日 日・祝

お知らせ・ブログ

オードリーチャンネルvol.8 犬の車酔い対策はある!?

2017/05/30

ようこそ、オードリーチャンネルへ~~!!

 

今回のゲスト様は、前回に引き続き、

株式会社セコムの営業をされている 馬淵紀行さんです!

「広島に安心・安全を届けるセキュリティ営業マン☆馬淵紀行」を、182日毎日更新されています(^◇^)

 

乾燥している時期には、お仏壇のロウソクなど火の取り扱いに十分注意して下さいね!とのことです♪

 

 

早速ですが、今回の質問です!

安佐南区55歳 努くんさん より

 

1歳のダックスを飼っています。車に乗せると吐きます。
お出かけの際、ドライブキャリーに入れ、ペットシーツを敷いて、その中へ犬を入れて出かけます。ご飯も出かける直前には、与えないように気をつけているがいつも吐きます。
吐いた後はケロっとしていますが、酔いやすい犬は、極力車に乗せない方が良いでしょうか?
車酔い以外は嘔吐、下痢もほとんどなく、食欲旺盛でとても元気いっぱいです。

 

 

オードリーチャンネルの中では、獣医師 大川が以下のように回答しています。

 

乗せる必要がないのであれば、極力乗せない方がいいのではないでしょうか。ワンちゃん用の車の酔い止めも処方できますよ。

 

大川自身も車に酔いやすく、運転しても酔うのでつらさはよくわかるのですが・・・(^-^;

 

車酔いには2種類あって、車っていう空間が嫌でヨダレをだらだらたらしちゃうコもいるし、実際に車が動くことによって平衡感覚の狂いが生じて気持ち悪くなってしまうコもいます。

 

馬淵さんのお宅のアロハちゃんも車酔いをして、吐いてしまうそうです。吐いた後は少し元気がなく、車を嫌がっていたそう。。。

少しずつ短い距離で乗ってみたり、乗る前に食事をしないなど吐かない状況にしたり、どうしても長距離の場合は酔い止めを飲ませて乗せていたそうです。最近は吐くことはあまりないとの事。

 

“努くん”さんの場合はまだ1歳なので、少しづつ慣らしていくのはありかなぁと思います

 

 

オードリーメディカルアドバイザーの高宮さんが、ざっくりと今回のまとめをしてくれています。

 

高宮さん:

無理はしないでね!

 

極力乗せないとは言っても、楽しいドライブや旅行、大好きなワンちゃんも一緒に楽しみたいですよね。

少しづつ慣らしたり、酔い止めの処方をしてもらったりして、無理なく楽しんで下さいね(^_-)-☆

 

 

最後に、Audreyのご案内です!!

 

どうぶつ皮膚・耳・鼻クリニックAudrey”は広島市安佐南区大町西にある、皮膚や耳、鼻に特化したどうぶつ病院です!!

「健康」と「最高にかわいい」を一度に実感したい方は是非一度お越しくださいね!!

 

ホームページ、FB、LINE@からもちょこちょこ情報を発信していま〜す!!

オードリーfacebookページ

LINE@: @audrey-animals で検索して登録して下さいね!!

LINEでご予約やフード、お薬などのお問い合わせもしていただけます(^^♪

 

それでは、また来週~~♪

 

※様々な情報が溢れる昨今、オードリーチャンネルでは多くの方に対し、正確で少しでもお役に立てる情報を発信することを目指しています。そのため、オードリーチャンネル中に獣医学的に事実と異なることが述べられている場合は、フェイスブックやYouTubeのコメントにて“優しく”ご指摘をいただけたら幸いです